日別アーカイブ: 2018/02/03

【フラッシュバックメモリーズ3D】上映会のお知らせです。

こんにちは、デンキカンです。
2/24(土)開催の上映会&ライブのお知らせです。

活動20周年を迎えるディジュリドゥ奏者で画家としても評価の高いGOMA、待望の来熊。第25回東京国際映画祭で観客賞、韓国全州映画祭では最優秀アジア映画賞を受賞するなど、名作の誉れ高い【フラッシュバックメモリーズ3D】上映+本人によるトーク&生演奏。“高次脳機能障害”から奇跡の復活を遂げたGOMAの現在をぜひ。

GOMA 20th Anniversary Tour “STARTING OVER”
映画『フラッシュバックメモリーズ』3D上映+GOMAトーク+ライブ

2018年2月24日(土)
■会場 :Denkikan[熊本市中央区新市街8-2]
■開場 : 19:30 ■開演 : 20:00
■料金 : 一般3,000円 学生2,500円 / 当日 一般3,500円 学生3,000円
(着席 / 要ワンドリンクオーダー / 限定100名) 
※学生料金でご入場の方はチケット購入時に学生証の提示をお願いします
※特別上映のため各種割引は適用外です
■前売券 取扱 : Denkikan / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■メール予約 : http://www.longsixbridge.com/
■お問い合わせ/チケット予約 : [Denkikan] 096-352-2121

【フラッシュバックメモリーズ3Dとは】
2009年11月26日に首都高速で追突事故に遭遇したGOMAは、記憶の一部が消えてしまったり新しことを覚えづらくなるという高次脳機能障害の症状が後遺し、後にMTBI(軽度外傷性脳損傷)と診断された。一時はディジュリドゥが楽器であることすらわからないほど記憶を失っていたGOMAがリハビリ期間を経て徐々に復活する過程を、GOMAと妻すみえの日記を交えて振り返りつつ、突然異なる映像が頭の中に飛び込んでくる症状「フラッシュバック」をアニメーションで表現。WWWで行なわれたGOMAのスタジオライブの模様と過去映像、そしてフラッシュバックが共存する、文字通り「全く新しい形の3D 映像作品」であり、まぎれもない「家族愛の物語」である

【GOMAとは】
オーストラリア先住民族の管楽器ディジュリドゥの奏者・画家。
1998年にアボリジニーの聖地アーネムランドにて開催された「バルンガディジュリドゥコンペティション」にて準優勝。ノンアボリジニープレイヤーとして初受賞という快挙を果たす。全国の野外フェスティバルや海外にも活動の幅を拡げ、勢いに乗っていた2009年、追突事故に遭い「外傷性脳損傷による高次脳機能障害」と診断され、記憶障害を患い活動を休止。2010年、事故後間もなく描き始めた点描画が評判となり、全国各地で展覧会を開催。11年には再起不能と言われた音楽活動も苦難を乗り越え再開した。
2012年、GOMAの復帰を描いた映画「フラッシュバックメ モリーズ3D」が第25回東京国際映画祭にて観客賞、韓国全州映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞。以降「旅のチカラ(NHK)」「ハートネットTVブレイクスルー(Eテレ)」など、事故後のGOMAの活動を取り上げたTV特番の放映や番組出演も精力的に行う。2016年、事故後のGOMA自身の日記やアート作品などをまとめた初の書籍「失った記憶ひかりはじめた僕の世界」を出版。2017年、新宿タカシマヤ美術画廊にて、これまでで最大規模となる個展『GOMA個展~再生~』を開催。現在は音楽活動のみならず絵画展、講演会と多岐に渡り活動中。活動20周年イヤーとなる2018年は、ライブ、絵画展示、講演会、ワークショップ、映画『フラッシュバックメモリーズ』3D上映など、様々な形で全国47都道府県を網羅するツアーを行うとと もに、同年2月には、GOMA&The Jungle RhythmSectionとして9年ぶりとなる待望の新作『STARTING OVER』をリリースする。

(official website) http://www.gomaweb.net/
(official Facebook) http://www.facebook.com/GOMAOFFICIAL
(official Twitter) http://twitter.com/goma_didgeridoo
(GOMA 書籍特設 website) http://gomaweb.net/memory/
(映画フラッシュバックメモリーズ3D official website) http://flashbackmemories.jp/