KanZeOn 上映会のお知らせ

KanZeOn 上映会

世界中の映画祭、音楽祭、仏教祭のドキュメント部門で数々の賞を取った映画
「kanzeon」が日本で初上映決定!!

イギリス監督が英国BBCやMTV、
世界のアーティストのPV、
ハリウッド映画に携わるアニメーションディレクター、カメラマンと協力し制作した
日本の宗教、文化と現代音楽をテーマにした作品。
映画を見たというより映像の中に引き込まれ、体感出来る様な感覚に陥る映画、、、KanZeOn。

 
音楽と宗教 ドキュメンタリー映画監督:neil Cantwell & Tim Grabham
出演/音楽:Akinobu Tatsumi,Akihiro IItomi,Eri fujii
2011年 87分
<解説>
観音菩薩、観世音菩薩に由来するタイトル『KanZeOn』は、異端の、しかし不思議に瞑想的な音楽、儀式、哲学を持つ日本の仏教に関わる3人のミュージシャンの音を”聴く”ドキュメンタリー映画。熊本の若い僧侶。タツミアキノブさんは夜間はヒップホップDJに姿を変えるビートボックスラバー。笙演奏の熟達に身を捧げる藤井絵里さん。能楽師の飯富章弘さんは小鼓のマスターでジャズを愛しつつ日本の伝統アートを守り続ける。

監督 Neil Cantwell
哲学と音楽を学び、現在はThe Japan Foundationロンドン文化センターでJapanese Studies & intellectual Exchange の役員を勤める。また、京都の種智院大学のForeign Research Fellowでもある。

監督 Tim Grabham
映画監督、アニメーター、ビジュアルアーティストで2003年にCinema iloobiaスタジオを設立する。多数のショートフィルムを手がけ、Suridh Hassan監督、日本のグラフィティー文化のドキュメンタリー映画「Rack Gaki:Japanese Graffiti」(2008)は去年のジパングフェストで上映された。本作品が長編ドキュメンタリーデビュー作品。

<曲提供アーティスト名>
woob {UK}
kidkanevil {Ninja tune}
tatsuki* {Blue Foundation}
TA2MI
Matt ManOne Rudge {Professional Sound Gobber]
shi_ne_ko_sei {UK & JAPAN}

youtube
https://www.youtube.com/watch?v=cYHEsV_yAY8
https://www.youtube.com/watch?v=sy-Ib0k1PkI

<海外レポート>
英国出身のNeil Cantwell 監督とTim Grabham監督作品『KanZeOn』は、日本の伝統音楽を追ったドキュメンタリー作品。映画祭初のノン・ジャパニーズ監督作品だ。
日本の仏教と音のお話に感化され、映画は醸し出す独特な雰囲気に。
映画の中で、「間」について話されてました。

その中で、観客である一人の女性が「間」の定義を求めたのです。

そこで、監督さんは以下のようなことを言っていたと記憶しています。
“Nothingness but there is something happening in that nothingness”
(「無」のなかでも何かがその「無」のなかで起きているんだ)

深いことをおっしゃっていました。
そして何だか同意できます。

「間」で辞書牽くと、当然ながら「距離」「話の中で適当に取る無言の時間」「リズム、テンポの意」「ちょうどよいとき、折り合い」などが定義に含まれています。

間が悪い、間を外す、間を選ぼう、間が合う、間を取る、などなど言えますもんね。他には間際、間違い、とか…

英語で言うと内容次第で
timing
chance
silence
rhythm
tempo
space
とより具体化された単語たちが出てきます。「間」一言でここまで意味できるってスゴい。

日本語の「間」から垣間見ることばの意味は決して漠然としていないんだと思うのです。日本人の生活や文化に自然に根付いているものだから、たんなる言葉ではなく、空気のように「間」が存在しているのでしょう。「間」って何かと聞かれたらどう答えますか?

日 時:4月20日(月)20:00~
場 所:Denkikan
料 金:¥1,400(当日)¥1,000(前売券)